顔の形をチェック|エバーカラーでナチュラルなデカ目を目指す
レディ

エバーカラーでナチュラルなデカ目を目指す

顔の形をチェック

眼鏡

メガネは視力が悪い人は使用するのはもちろんですが、オシャレアイテムとしても多くの人が愛用するものになります。そのため、視力が良くてもメガネをコレクションしているオシャレな人は大勢います。ファッションや、気分によって好みのメガネをつけ替えることで、イメージも大きく変えることができます。オシャレの幅が広がり、コーディネートの楽しみが増えるのです。しかし、メガネの選び方を失敗すると、その人の顔やイメージに似合わないことで、全体的な高感度も下げてしまうことになるでしょう。メガネは顔の印象だけではなく、その人自身のパーソナリティーを決定づけるようなインパクトを持っています。そのため、メガネの選び方をしっかりと覚えて選ぶようにしたいものです。まず、選び方で重要なポイントは、フレームの縦幅になります。眉毛が顎までの長さの三分の一の縦幅がおすすめの長さになります。さらに、レンズの中央に黒目が来るようなものを選びましょう。レンズの外側に黒目が来るのは避けましょう。少しだけなら内側に黒目がくるタイプもおすすめになります。また、選び方で大切になるのが、顔の形です。卵型、丸顔、三角、四角、面長と5つのタイプに分類することができますが、それぞれの顔の形によって、似合うフレームは異なっています。卵顔の人は、オールマイティーにどんなタイプのフレームも似合いやすくなります。しかし、四角い顔の人が、スクエアタイプのメガネをチョイスすると、より角を強調するので、個性的になりすぎてしまうでしょう。顔の形とは正反対のメガネを選ぶと、マッチするはずです。